上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07123101.jpg

白い白い雪景色

07123102.jpg

大晦日の我が家の定番は手巻き寿司です。

07123103.jpg

年越しは父の手打ち蕎麦で

ではでは・・・よいお年を!
スポンサーサイト
2007.12.30 大寒波到来!
07123002.jpg

窓から裏山の方向を眺めてみると・・・
柿の上にも雪ふりつむ

07123003.jpg

屋根の雪も落ちてきます

07123001.jpg

年末の買出しに行こうと出かけたら
除雪車に遭遇。
ご苦労様です。
鳥取市鹿野町で行われた演劇を観に行ってきました。

作:魯迅
演出:中島諒人
「剣を鍛える話」

廃校になった小学校の体育館が劇場に改装してあるのですが
その広い会場が満員の観客で埋まりました。
演劇をみるのは久しぶりなので
生身の人間が目の前で演じているという迫力に
まず圧倒されてしまいました。
役者のみなさんの動き、表情、声・・・
音と光の演出。

私にとっては少し難しく感じたのですが
きっと演劇を観るほうにもある程度慣れが必要なのでしょうね。
よい体験をしました。

公演後には温かい牡丹鍋とドリンクのサービスがあり
演出の中島さんに対しての質問などが
温かい雰囲気の中、交わされました。

次回公演は2月1日~
またぜひ観に行ってみたいです。



☆おまけ☆
開演までに時間があったので
鳥取砂丘まで足をのばしてみたら・・・

07122902.jpg


07122903.jpg

キラキラ
07122901.jpg

レギュラー139円です。
2007.12.28 牡蠣がきた!
07122801.jpg

殻付き牡蠣と生食用牡蠣
そして殻付きのホタテが我が家にやってきました!

07122802.jpg

いただいたものは
すぐに美味しくいただくべし!ということで
牡蠣とホタテの磯焼き
酢牡蠣
ホタテのお刺身とお寿司に調理!

父と私は牡蠣が大好きなので2人で食べ
母と主人は牡蠣が全くだめなので
ホタテを食べました。

新鮮なものは
どう調理してもおいしくて
最高のゼイタクをさせていただきました。
07127001.jpg

JR松江駅横にある一畑百貨店にて
『假屋崎省吾の世界』開催
山陰地区では初の個展ということで
大盛況でした。

07127002.jpg

展示内容はもちろん写真撮影不可なので
入り口でパチリ。

色彩の取り合わせのすごさと
迫力に圧倒されてしまいました。
ご自身がデザインされたというガラスの花器も
今までにみたことがない存在感でした。

07127003.jpg

展示を見た後に
假屋崎さんの書籍を買い求め
ご本人のサインをいただこうと並んだら・・・
すごい行列になっていました。

07127004.jpg

同じフロアのレストランにはこんなメニューが

07127005.jpg

松江テルサの会場で行われた
假屋崎省吾さんのトークショーにも行ってきました!
楽しいおしゃべりとパフォーマンスを堪能し
大満足。
... 続きを読む
2007.12.25 裏の畑にて
07125004.jpg

えんどうまめ

07125005.jpg

キヌサヤえんどうまめ

07125006.jpg

そらまめ

07125007.jpg

麦畑の真ん中に大根が・・・

07125008.jpg

朽ちた柿の木から
またもナメコが生えてきました。
07125001.jpg

たいへんイビツなのですが
ケーキの飾りつけをしてみました。
イチゴのサンタさんは今年のヒット!

07125002.jpg

海辺に住んでいる母の友だちが
我が家のコシヒカリを買ってくださっていて
米を取りに来られる時には
たいてい新鮮な魚を持ってきてくださいます。
そこでお昼からたっぷり魚をいただきました!
右奥の赤い魚はホーボー。
左のお刺身はバトウ。
味噌汁はバトウのあらでダシをとっています。

07125003.jpg

夜はおじとおばにも声をかけ
みんなでクリスマスの雰囲気を味わいました。
チーズフォンデュ、チキンのロースト、
バトウのお寿司にカイワレとタマゴのお寿司
サラダ。
寿司酢には今までゆずを調理していたときに出た汁を使っているので
さわやかな風味でした。
☆20日☆
07122001.jpg


☆21日☆
07122101.jpg

毎日我が家はモリモリ食べています。
2007.12.19 ゆずと炊飯器
07121902.jpg

今年はいろんな方から
たくさんゆずをいただきました。
いろんな食べ方をしていますが
今日は炊飯器でジャムに・・・

07121904.jpg

山のようにできたゆずジャム。
親戚に送る荷物の中にも一袋ずつ入っていきます。

07121903.jpg

大量の種にはホワイトリカーを入れて化粧水に。
トロりとしたらできあがり。
我が家ではせっせと手に塗っています。
... 続きを読む
2007.12.18 第一弾!
07121801.jpg

年末の小包に入れるおもち。
第一弾。
2007.12.17 今日のご飯
07121701.jpg

昨日下ごしらえしておいたカニの手は
フライに変身!

先日父は蕎麦包丁を新調したのですが
ケースがなかったので
紙の箱にしまっていました。
なんだか危なっかしい感じだなぁと思っていたら
こんなケースができてきました。(そうめんの箱を使用)

07121601.jpg

木の取っ手がかわいいポイント

07121603.jpg

フタを開けるとこんな感じ
ガタガタしないようにすべり止めをしいてあります。

07121602.jpg

取っ手はフタが曲がりすぎないようにする役目もはたしています。

父はもちろん大喜び!
年越しそばはきっと上機嫌で打ってくれることでしょう。
... 続きを読む
2007.12.15 ひめゆり
今日の夜は奥出雲の妙厳寺本堂で行われた
ドキュメンタリー映画「ひめゆり」を観てきました。

第二次世界大戦の末期に沖縄で戦場動員された
「ひめゆり学徒隊」
その存在は知ってはいたものの
どのような活動をされていたのか、
どのような体験をされていたのかは
あまり知りませんでした。
今回、このような映画の会があるということで足を運び
しっかり観させていただきました。

15歳から19歳の女学生たちの写真とともに
当時の性格や夢などが短い言葉でつづられ
生存されている方の証言が続きました。
赤十字の旗のもとで働くと思っていたのに
実際は第一線の戦場だったこと。
独歩患者を門前払いしなくてはならないほど重症患者であふれ
毎日何人も亡くなっていく兵隊さんたちをみても
なにも感じなくなるほどに忙しく、
戦争というものを立ち止まって考える余裕などなかったこと。
つい数分前まで話をしていた友人やたくさんの兵隊さんたちが
壕の爆撃で一瞬にして姿を変えてしまったこと。
などなど
数々の証言から戦争の現実というものを垣間見ることができました。
体験された方にしかわからないことが
このような形で戦争を知らない私たちにも伝えられるということは
大切なことだと思います。
平和な日本が続いていきますように。

ひとつ難を言うと・・・
あまりにも美しくメイクをされて登場する証言者の方々の姿に
違和感を感じてしまったたことは否めません。
そして、あまりにも語り慣れていらっしゃることにも。
きっと「ひめゆり平和祈念資料館」などで語りべとして
お仕事されていらっしゃる方がたくさん出演されていたのでしょう。
今まで口を開こうとされなかった生存者の方にたいして
どんなアプローチがあったのか
また、その結果語られた言葉に耳を傾けてみたかったです。
「うん、何?」広島特別試写会で
TOHOシネマズ緑井に行ってきました。

この劇場は最新の音響設備が入っているので
監督をはじめ関係者の方も太鼓判を押していらっしゃって
行くのを楽しみにしていました。

「うん、何?」はすでにチェリバホールで一度観ていましたが
ほんとに印象が変わってしまうことにびっくりしました。
映画を観ているというより、
音が全方向から入ってくるせいか物語の中に包みこまれてしまう感覚があり
2時間集中して観ることができました。
音楽に関しても、前回は台詞の音にたいして
くぐもって聞こえるような気がして違和感があり
若干気になってしまっていたのですが
今回は心地よく聴くことができ、音は大事ということを改めて感じました。
音に対してそんなに敏感とは言えない父までも、
「いやぁ、一緒に行ってよかった。映画の中に入る感じが気持ちよかった!」
と帰りの車の中で話していました。

よい映画だからこそ、みなさんにもいろんな環境で
何回でも観てほしいです!
応援よろしくお願いします。



07121001.jpg

先日鳥取へ向かう道すがら買い求めた姫りんごと
青森のりんご

07121002.jpg

おばの家の畑で採れた菜の花

07121003.jpg

いただきものの柚子を
母が炊飯器でジャムに!

07121004.jpg

5はいで300円だったイカを
1ぱいは大根と一緒に煮て
1ぱいはその後の煮汁でイカ飯に(写真参照:ムーミンのおなかのよう)
残りの3はいは冷凍庫で眠っています。
今日は奥出雲のブラザーズクラブという会で
錦織良成監督の講演会が催されました。

「大先輩方を前に生意気なことを言わせてもらいますが・・・」と断りを入れながら
島根に対する思いや、地域がどうあるべきか
何が豊かということなのか
監督の持論を率直にお話になり、大盛況だったとのこと。
出席された方の熱心な眼差しを感じ、
監督ご自身とても楽しかったとおっしゃっていました。
講演が終わったあとも、監督を囲んでのトークが終わらず
うれしい悲鳴だったみたいですね。

07120901.jpg

せっかく奥出雲まで足を運んでくださったのですから、ぜひ!と
講演後に我が家にご案内しました。
こちらもたいへん盛り上がり、楽しすぎる一日が終わったのでした。
鳥取駅周辺を散策。
前回鳥取を訪れたときに紹介してもらっていたカフェで一息つくことにしました。

07120809.jpg

cafe SOURCE

07120810.jpg

撮りたくなってしまいました

07120811.jpg

『鳥の劇場』演劇×写真展オープニングパーティーにて。
写真家の米井美由紀ちゃんが挨拶をしているところ。

今回の展示は
昨年から鳥取市鹿野町を拠点に活動を始めた
劇団『鳥の劇場』の活動を紹介する
初めての展覧会なのです。
「ギャラリーそら」にて16日(日)まで開催しています。

これまで上演された数々のステージが
米井さんの写真によってよみがえってくるようでした。
スライドで等身大に映し出された舞台写真は
演者の心の動きがぐっとせまってきて動けなくなるほど。

舞台で実際に使われた小道具や衣装なども展示してあり
見れば見るほど舞台にも足を運んでみなければ!という気持ちにさせられました。
次回作はぜひ。




☆おまけ☆
07120802.jpg

鳥取行きの途中の道の駅にて購入。
姫りんご210えん。
クリスマス飾りに使える?
07120801.jpg

写真家の友だちの写真展のお誘いを受け
以前からオープニングの8日に鳥取へ行く計画を立てていました。
とっても楽しみにしていた私にさらにうれしいことが!
なんと6日の夜に家族で行った「きっちん焚菜」で
マスターから素敵な情報をいただいたのです。
私がよく訪れさせていただいていた「suijin」というサイトで
着物のコーディネートをされていた道呼先生の個展が鳥取で開催されているとのこと。
鳥取行きが2倍うれしくなりました。

07120805.jpg

ちゃぶ台にみかん。折り鶴でもおりましょうか・・・
クリスマスツリーも手ぬぐいで楽しんで。

07120806.jpg

「瓢箪から駒」
遊び心にクスリとしてしまいます。
ちなみに「道」の駒の裏は「呼」の文字が。

07120808.jpg

稚児帯をくるりと巻いて
ちょっとそこまでお買い物。

07120807.jpg

さて、おいしいお味噌汁をつくりましょ。
花柄たすきがかわいいのです。

07120804.jpg

和小物。
キャンディのようなガラスの帯止めに目を奪われてしまいました。

道呼先生とはもちろん初めてお会いしたのですが、ほんわりと素敵な方でした。
PC上の存在でしたので感激してしまい
ずうずうしいとは知りながら
道呼先生と最後に一緒に写真を撮らせていただきました!
2007.12.07 だんだん
このところ島根県がちょっと脚光をあびていているかも?
と思わずにはいられないくらい
メディアを賑わせていますね。

CMでは「島根のおじさま」(しまね水族館アクアスのシロイルカ)

ドラマや映画では
島根の弁護士、天然コケッコー、砂時計、
そしてただいま雲南市先行プレミア上映中の
「うん、何?~やまたのおろち伝説」

そして今日は
平成20年度後期のNHKの朝の連続テレビ小説
「だんだん」決定!

「だんだん」というのはここ出雲地方の方言で
「ありがとう」という意味なんですよ。
とても暖かい響きの素敵な言葉です。

何をかくそう、私朝ドラファンでして
今から楽しみで仕方ありません。
... 続きを読む
2007.12.06 黒と赤
07120601.jpg

散歩中に見つけた黒い実
この葉っぱは見覚えがありました。
え~とえ~と・・・

チゴユリだ!
(以前に撮影した写真)


07120602.jpg

そして真っ赤な実をまたもや見つけました。
これはサルトリイバラ。
今年はもう何回も見つけていますが
今日が一番の収穫です。

07120603.jpg

一本の枝にこんなにたくさん!
クリスマスのリース作りに大活躍しそうです。
07120201.jpg

春には一風変わった花を咲かせるマムシ草は
実も一瞬ギョッとする存在感

07120202.jpg

思わず触ってしまいそうなきれいな葉っぱ。
でもかぶれたらどうしよう・・・と触れないのでした。

07120203.jpg

野イチゴはキラキラのビーズみたい

07120207.jpg

キウイのツルにたくさん実った謎の赤い実

07120204.jpg

色のない世界も

これはアザミ?
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。