ぜんざいは、出雲地方の「神在(じんざい)餅」に起因しています。
日本ぜんざい学会HPより

・・・ということで
ぜんざいを食べました!

0710312.jpg


0710311.jpg

上の写真のぜんざいは
このようなパッケージに入っていたものをいただいていたので
手軽に楽しむことができました!
そばちょこにぴったりくらいの量が入っています

そして・・・
0710313.jpg

おそらくニュースで見たのでしょう
父の「ぜんざいを食べたい!」という一言で
冷凍保存してあった小豆と餅が登場し
本格的なぜんざいの日を満喫!
スポンサーサイト
0711011.jpg

ほぼ毎日
父は柿をむいています
その美しさは職人技!

手伝うなんて言おうものなら
即 断られてしまいます

父曰く
母や私のむき方では
ぜんぜんダメ!
・・・なんだそうです
2007.10.29 37
37って
31の次の素数かぁ・・・
... 続きを読む
2007.10.28 ウバユリ
0710283.jpg

パカッと割れてきました
2007.10.28 柿とりの翁
0710281.jpg

裏山の柿の木は かなり大きいので
柿の実も それは高いところになります

今の時期の父の日課は  
干し柿づくりです



☆おまけ☆
0710282.jpg

妙に姿勢がいいのです
0710221.jpg

雲南市加茂にあるラ・メール前の広場

0710222.jpg

銅鐸をかたどった提灯

0710227.jpg

その提灯を手に
行列が入ってきました

0710225.jpg

雲南市長のあいさつに続いて
トークショーが始まりました
ラ・メールの外壁をスクリーンにして
映画「うん、何?」の特報が・・・

0710226.jpg

ゲストは
錦織良成監督
そして主役を務めた橋爪遼さんと
ヒロインの柳沢ななさん

まもなく雲南市先行上映が始まるので
たっぷりと映画の見所や裏話をきかせてくださいました

0710224.jpg

ゲストのみなさんによる点火で
ステージ後ろにそびえ立つ3本の塔が
みるみる大迫力の火柱に!

0710223.jpg

燃え盛る火と
仁多乃炎太鼓の見事な競演!
素晴らしかった!!!
0710212.jpg

大極上仕立(と本体に書いてある)だけあって
今でもバリバリ現役です。
ゴミとソバの実を見事により分ける
素晴らしい道具です。


0710213.jpg

とうみの後ろに池があり
くもの巣がかかっていました。
ひっかかったのは
吹き飛ばされたゴミ!
2007.10.21 秋のリース
0710211.jpg

裏の畑の木にからまっていたツルには
かわいらしい実がついていました
ぐるぐるまいただけで
秋のリースが完成!
2007.10.20 カラフル
0710228.jpg

大量の風船が
クール宅急便で送られてきました!

0710229.jpg

風船の意味もわからず
とりあえず飛ばして喜ぶ我が家族たち
2007.10.20 裏山の柿
0710202.jpg

そろそろ柿の季節です

0710203.jpg

葉っぱも秋の色

0710204.jpg

色とりどり
2007.10.20 4つ葉の香合
0710201.jpg

4つ葉に縁があるということで
以前いただいた
手作りの香合です

4つ葉の友だちと一緒に
071018.jpg

我が家のほぼ正面にそびえ立つ
あのDoCoMoの電波塔が
どうやら稼働したらしい・・・

我が家のどこにいても
電波3本たってます。
こんなことでいたく感動、大騒ぎ。

私はauを使ってますが
特定の場所でしか電波が入らないのです。
どこでも入るdocomoに変えてみようかな。
このごろ
すいぶんと涼しくなり朝晩は寒いくらいです。

毎朝食べるヨーグルトは5年前から自家製で
(カスピ海ヨーグルト、覚えてます?)
牛乳とヨーグルトを混ぜて置いておくと勝手にできるのですが
そろそろ固まりにくくなってきました。
そ・こ・で!
母はポカポカと日が射す昼間に
車の中に置いておくという方法を思いつきました。
結果は見事成功!
とってもいい感じに固まっていました。
でも、車でヨーグル!ができるのもきっとあと少し。
コタツでヨーグル!の日が少しずつ確実に近づいています。

寒いのは、苦手です。
2007.10.18 木のぼり
ハッピースネイク
元気に木のぼり!
... 続きを読む
0710162.jpg

以前、型紙や布、レースなどを購入していたにもかかわらず
なかなか作ることができなかったので
エイ・ヤー!と作っちゃいました。
紫色の柄はバラの花?かわいすぎず落ち着いた色でお気に入り。
でも・・・春っぽいですね。
0710161.jpg

まるで田植えをした後のような緑の田んぼ
朝晩の寒さが強くなってきたので
もうすぐ黄土色になりますが・・・

0710153.jpg

別の場所で数日前にみつけた光景
ちょっとピンが合ってなくて
わかりづらいのですが
穂が出ているものも!
2007.10.15 カンボク
0710151.jpg

春には鮮やかな緑の葉
夏には白い涼しげな花
秋には紅葉

今、まさに色づいていくところです。

0710152.jpg

冬には真っ赤な実だけが残り
そこに白い雪がつもります

大好きな木です
2007.10.14 収穫は続く
0710141.jpg

今、我が家はソバと小豆の収穫時期です

0710144.jpg

こんな感じで刈り取ったソバを干して・・・

0710142.jpg

この道具でソバの実をはずして
奥のとうみで枯葉などのゴミを吹き飛ばします
蕎麦として食べるためには
殻がついた実をさらに粉にしなくてはいけません
かなり気が遠くなる作業です

ちなみにここに干してあるのは第一弾
まだまだ刈り取られるのを待っているソバが畑に・・・

0710143.jpg

明治って・・・
昔の道具って長持ち!
職人技が光ります

0710154.jpg

サヤからはずした小豆
これもまた
虫くいのものをより分けるという
気の遠くなる作業が待っているのです

おいしいものには
わけがある
2007.10.14 運動の秋
0710145.jpg

走る!

0710146.jpg

走る!!

0710147.jpg

空にはいろんな形の雲が

0710148.jpg

手のひらに赤い葉っぱ

三成運動公園での
仁多郡陸上大会での1コマ
2007.10.12 アケビ
0710122.jpg

秋の恵みをいただきました。
山でよく見かけるのは5枚の葉のアケビで
実の色はもう少し赤っぽいのですが
このアケビは観賞用で3枚の葉です。
きれいな紫で大きな実がついているので
パッと見は
さつまいものようです。
2007.10.12 オクラ!
0710121.jpg

高い高い秋の空に
大きな大きなオクラの実!
お昼はポカポカと気持ちいいので
ここのところ毎日シマヘビに会います。
とはいえ、はっきり言ってヘビは苦手です。
出会うとかなりドッキリです。
なのでヘビさんポイント(水車の近く)を通るときには
周りに気をつけながら
「通りますよ~」と声を出して歩きます。
ある日は道路の真ん中で
ある日は芝生の上で
またある日はヨモギがこんもりとしている場所で・・・
こわいもの見たさというものありますが
出会えないとちょっと心配だったりします。
彼(もしくは彼女)はいつしか
「ハッピースネイク」と命名されていました。

ところで、今日、シマヘビが脱皮をする現場に遭遇してしまいました。
ハッピーちゃんとは違うヘビです。
ズルズルつるりと抜けた後、ポチャンと水路に・・・
脱皮したては皮が柔らかいということなので
ケガをしなかったか少々心配です。
今回の発見は
ヘビの皮は中表に脱げる!ということ。
見事でした。

でも不思議なのは皮を脱いで身体が大きくなるのに
皮が裂けたりしてないうことです。
皮にはある程度伸縮性があるのかしら?

窮屈な皮を脱ぎ捨てたあとは
清々しい気持ちになるのかな。

人間が脱皮する動物だったら・・・
想像するとちょっぴりこわいですね。
でも、かなり気持ちよさそうです。
07100811.jpg

何度うかがっても
写真を撮らずにはいられない場所
「こんにちは~」と入り口に入るとこんな感じで
素敵な雑貨やお花がお出迎え。

07100815.jpg

台の上にそびえ立つのはエッフェル塔?

07100816.jpg

いい顔してます

07100812.jpg

これから歩いていくところ

07100814.jpg

一輪の彼岸花

07100817.jpg

たくさんの花

07100818.jpg

さぁ、みんなで囲炉裏の準備です

07100819.jpg

ご馳走を囲んで




☆おまけ☆
07100820.jpg

みなさんで建築中のお茶室を拝見させていただきました!
やってきたのは大おんな。(私)
0710089.jpg

ここは木空風(こくふ)
萱葺き屋根の素敵な場所です
今日は2500年の歴史があるインド4大古典舞踊の1つの
カタックダンスを楽しませていただきました

0710084.jpg

踊ってくださったのは
アプサラ(東京)
のメンバ一森脇和代さん

0710085.jpg

プログラムは
グルヴェ・ナマー《祈りの踊り》
ビランビット《ゆっくりな踊り》
そして
カタックダンスの説明をお聞きした後は・・・

0710086.jpg

サルガム(やや早い踊り)《イスラム風》
を踊っていただきました

0710087.jpg

両足にたくさんの鈴!
片足1kgの重さを感じさせない優雅な踊り
そして軽やかに打ち鳴らされる鈴の音が
心に響きます

0710088.jpg

ふわり・・・

07100810.jpg

カタックダンスを楽しんだ後は
チャイとポムポム(ケーキ)をいただきました

初めてのカタックダンス。
現代の日本にいながらにして
遠い時代の遠い国へ旅してきました。


☆鈴袋☆
07100813.jpg

両足につけられていた鈴は
こんな素敵な袋に入っていたのでした。
袋を持ち上げたときのずっしりとした重みにみんな驚かされました。
2007.10.08 りんご畑
0710081.jpg

「(広島県)高野町のりんご畑、よかったよ~」
というおばの言葉に
早速でかけてきたのでした

このりんごがみんな真っ赤になったら
ほんとにおとぎ話の世界だわ~

0710082.jpg

りんごの品種によって
色づく時期が違うのですね。
このりんごの木には真っ赤な実が!

0710083.jpg

こんなに細い木にも
赤いりんごの実がたわわ
2007.10.07 リンドウ
0710071.jpg

我が家の庭のリンドウが咲きました
青い花って好きです
そうそう青い花といえば
桔梗も好き
「キキョウ」「リンドウ」という響きも好ましい

0710072.jpg

コルチカムも満開です

0710073.jpg

今年(来年)は球根を掘り上げたほうがいいのかも・・・
2007.10.06 写真展へ
0710064.jpg

由緒ある旧家を会場に
写真展をされる方がいらっしゃるという情報をいただき
Kさんに連れて行っていただきました

07100617.jpg

昔からこのお宅の庭を手入れされている庭師さんも
ちょうど写真展を見にいらしたので
庭のあちらこちらを案内していただきました
こんもりとした緑はなんと松!
この刈り方をするのはこのお宅独特のものらしいです
昔は松と松の間に松江城が見えたそうです

07100619.jpg

家の周りにぐるりと敷き詰めてあるのは
なんと栗のイガ!
猫よけだということです
なるほど。

07100618.jpg

真っ赤な彼岸花が群生している場所もありました
この花だけはひっそりと

07100620.jpg

家の裏のとある場所に
さりげなく柿の実2つ

0710063.jpg

木につるされた苔玉も
しっくりとなじんで

0710061.jpg

驚かされたのは
お茶室の床柱!
太くてたくさん穴があいています
この柱の正体は・・・
なんと昔の松江大橋の橋脚ということです
たくさんの穴はフナムシのあと。
きっと昔はお茶をいただきながら
大橋の話に花を咲かせたのでしょう

0710062.jpg

お茶室から庭を眺めて

0710065.jpg

写真展とともに
矢野まり子さんの絹織物も展示してありました。
この美しい水色のストールは
右に添えてある「くさぎ」という植物の実で染めるそうです。
前夜も遅くまで実を取る作業をされていたとのこと。
大変な手間と時間をかけて丁寧につくられるお話をお聞きして
一層美しく見えました。

0710066.jpg

このお宅とお庭と写真とが
一緒になって完成したともいえる素敵な写真展でした。
神社で撮影された苔生した石段の写真が私の一番のお気に入りです。
2007.10.06 青空に・・・
0710069.jpg

横たわる雲

0710067.jpg

はためく洗濯物

0710068.jpg

↑洗濯物ではなくって
Tシャツでした!
そういえば田んぼの真ん中でTシャツ展があると
今日の新聞に書いてありました

07100610.jpg

まもなく出発の飛行機
... 続きを読む
2007.10.06 空港
20071006132926
やっぱり飛行機はカッコイイ!
2007.10.05 朝露
0710051.jpg

我が家の裏山の雑草も
こうやって眺めてみると
幻想的なのです

0710052.jpg
... 続きを読む