66304.jpg

ギボウシ

66303.jpg

そして紫陽花
スポンサーサイト
66301.jpg

今朝、ケースの中をのぞいたら
さらに増えていました。
100匹どころではない・・・と思う。

脱皮したてや羽化したてはみんな白っぽい色をしています。
生まれたての鈴虫も、もちろん白。


66302.jpg

右側の白い鈴虫は
卵から出てくるところです。

世界が変わる瞬間。
6629.jpg

なにげなく4つ葉を見つけるパワーは
まだ、消えてないようです。
大丈夫だ!私。

なんでもかんでも心の琴線に触れる今日このごろ。
今朝の『純情きらり』はちょっとまいりました。
(朝ご飯食べながら見ているのです。BSで。)
明日の朝もまいりそうです。
大丈夫か?私。
2006.06.29 HAPPY BIRTHDAY!
今日、職場のロッカーの中に隠していたあるものが
無事産まれました!

思い起こせば去年の秋。
一匹、また一匹とお亡くなりになり
卵だけが残されていたのです。
たっぷりと土に水を含ませ
表面が乾けば霧を吹き
冬の寒さを乗り越えて
今日、誕生!

今年の夏も
涼しい音をよろしく。

鈴虫さま。


☆あまりに小さかったので
カメラを選ぶ被写体でした。
また後ほどUPです。
2006.06.28 ひとやすみ
66281.jpg

66282.jpg

深呼吸が必要なのです。
2006.06.27 ホトトギス
6627h.jpg

今年初めてのホトトギスが咲きました。
これからどんどん咲いていくのでしょう。
2006.06.27 not イクラ!
6627suguri.jpg

我が家でとれたスグリの実です。
たくさんあるように見えるけれど
実はほんのちょっぴり。

早速ヨーグルトにかけるための
ジャムにしました。
6624sora.jpg

東京の空も青い。


東京は
理由がないと絶対に行けないところ。
まだ、なんとなくなんて絶対行けない。

大好きな人たちが住んでいる街。
大切な思い出がたくさんある街。


6624hana.jpg

紫陽花の花。
大好きな花。


6624red.jpg

ツタがからまる赤いドアの建物の前を
毎日、どんな気持ちで歩くのだろう。
6626.jpg

この黄色い花のところを曲がると
我が家です。
2006.06.25 渋谷にて
20060625193609.jpg


私の席から見えた景色。
もうこのお店にどうやって行くのかわからない。
錦織監督の映画の東京オーディションの撮影に行ってきました。
青山に「島根イン青山」というところがあって、そこが会場。
午前中だけの撮影許可だったのに、会場についたら監督さんから「午後も撮っていかないの?」と言われたので「いいんですか~!」と大喜びで撮影させていただきました。
午後は実際に活躍されている役者さんも多く、見ているだけでも勉強になりました。
この映画のキャストを決める大切なオーディション。東京でも貴重な体験をさせていただきました!
携帯からなのでこの文章の全体像がよくわかりません(>_<)
かなり変かも。
2006.06.23 現在地不明
東京に向かうバスの中から送ってます。
外の景色は暗いだけで面白くありません。
北海道ツーリングのとき、せっせとブログにアップしてた夏がちょっと懐かしい…
2006.06.22 心穏やかに
何をやってもうまくいかないときがある。
・・・とすれば
それは今なのだろうなぁ。

本当は22日の1時半すぎなのに
21日のズルをして書いてます。
どうしてもやっておきたいことがあって
今まで起きていたのだけれど
もう、限界。
2006.06.20 4つ葉日和
66204.jpg

一時期やたらと4つ葉の写真をUPしていました。
例えば5月23日(写真の大きさの関係でずっと下のほうにあります)
あれからもいろんなところで日々4つ葉を発見していたのですが
今日はまたよく見つかりました!

まず職場の駐車場に車を停めて
ほんの30秒ほど歩いて玄関に行く間に2本見つけました。
これはもう、歩いている状態で
「あ、あった・・・」
「あ、もう一本」というスピードです。

さらに、仕事中に2本。
しゃがんで顔を上げた先にありました。

家に帰ってから見つけたのは写真の3本。
犬の散歩中に
「あ。」

かなりの幸せがきてもいいと思う。
そろそろ蛍が出てきたという話だったので
一昨日外に出てみたら
時間が遅かったせいか一匹も見つかりませんでした。

そこで今日は9時ごろ思い立って家を出て
玄関の戸を閉めようと振り返ったら・・・

6620hotaru.jpg


いました。
6619me.jpg

種の殻をかぶっている芽(中央)を発見したので
大量に出ている芽はオキナグサだということがわかりました!
問題はここから大きく育てること。
絶対に絶やすものかと、はりきっています。
2006.06.19 鯉のたまご
6618tamago.jpg

この頃、よく鯉が跳ねるので
父が産卵用にこの枝を池に入れていたところ
鯉が卵を産みました!

我が家で初めての鯉の稚魚が見られるのか・・・
楽しみです。
今日はしまね映画塾のガイダンスに行ってきました。
今年の映画塾は安来市が舞台です。
が、米子に用事があったので鳥取越えの道を走っていると
動物たちが散歩している公園に
黄色い花がたくさん咲いているのがみえました。
6618.jpg

やっぱりここの動物たちは散歩しています。
5月27日より
撮影した角度がちょっと違うので分かりにくいかもしれませんが
ブタは前に進んでいますし、
パンダは進行方向が逆になっています。

さて、いよいよ本題です。
黄川田将也さんと所属事務所の片岡社長、
そして錦織監督と「しまね映画祭」企画委員長の杉谷さんの4名がステージ前に並び、
映画を軸にしたトークを聞かせてくださいました。

多くの映画出演、
TVでは月9やNHKの朝の連続ドラマ出演もされていた
俳優黄川田将也さんのお話は興味深く、
錦織監督や杉谷委員長からのするどい質問に
言葉を選びながらも、本音でいろいろと語ってくださいました。

映画の現場とTVの現場との違いや
監督の演出方法・・・などなど
島根だから、映画塾だから聞くことができた
貴重なお話がたくさんありました。

ここで紹介できないのは残念ですが
かいつまんで書いてしまうと
誤解を受ける表現もあるかもしれませんので
やめておきます。
それくらい本音で話してくださった3時間でした。

黄川田将也さんの所属事務所の片岡社長さんも素敵な方で
エネルギーが体中からみなぎっていました。
「失敗する気がしない!成功しないわけがない!」
という自分の力を信じる気持ち、
そして黄川田さんの力を信じる気持ちをもっていらっしゃる姿に
私は何を信じているんだろう・・・と考えさせられました。

私は今まで、なんとかなってきた人間です。
自分でなんとかしてきた人間とは違います。
なにかをつかみとる人というのは
自分から行動をおこさなければいけないんだという
当たり前のことに
ようやく気づいた気がします。

☆おまけ☆
6618jam.jpg

映画塾に一年目から参加しているWさんからもらいました!
Wさんが自分で育てたイチゴから作った
イチゴジャムです!!!
イチゴ好きにはたまらない一品。
毎朝食べる自家製ヨーグルトと一緒に頂くつもりです。
ありがとう!!!
チェリバホールのアジアンシアターで
パク・チャヌク監督「親切なクムジャさん」を観てきました。
韓国のトップ女優、イ・ヨンエ主演。
彼女の「宮廷女官チャングムの誓い」でのイメージや
TVのインタビューでのつつましいたたずまいからは
想像もつかないような役柄をこなしていて
これぞ女優魂!というものを見せつけられました。

やはり「宮廷女官チャングムの誓い」の影響が強いのでしょう
お客さんにはNHKドラマ好きな年齢層の方も多く(つまりは親世代)
残忍なシーンの連続になぜか私がひやひやしてしまいました。

痛快爽快ストーリーではないので
お昼の上映を観に行ってよかったです。

来月は「メゾン・ド・ヒミコ」
すごく楽しみ!!!
6617ikada.jpg

ハナイカダの雌木をみつけてからほぼひと月。
前回の記事
緑色の実が葉っぱの上にちゃんと乗っかっていました!!!

6617nazo.jpg


道沿いにはこんな花も・・・
紫陽花の仲間なのでしょうか?
わかりませんが、昨日のキョウカノコ同様ふわふわがかわいいのです。

6617suguri.jpg

家に戻るとスグリの実が赤く色づいているのを発見しました。
甘酸っぱくて、ジャムにするととってもおいしいのです。

6617tuyu.jpg

いつもは夕方に撮影するので撮れなかったツユクサ。
6617kasiwa.jpg

一昨日、お花を習いにおばの家に行ったら
この花がきれいに生けてあったので
「素敵!」と絶賛していたら
昨日、我が家に届きました。
紫陽花と同じように茎の部分を黒く焼いて持ってきてもらったので
水揚げもばっちりです。

庭に植えられるように根が付いたものも頂いたので
どこに植えようかと母と思案中。
6616yuri.jpg

ユリの季節になりました。
いろんな色のユリが時期を少しづつずらして咲いていきます。
まずはこの赤いユリ。
小さなバッタがひと休みしていました。

6616nazo.jpg

この花はなんというのでしょう?
裏の石垣から垂れ下がるようにツルが伸びていました。
白い花と黄色い花は同じツルから咲いています。
なんだか不思議なのでした。

6616kanoko.jpg

京鹿子(キョウカノコ)
小さな花から長く伸びたふわふわにひかれます。
派手な花ではないのだけれど
庭の片隅で存在感を放っています。


6616me.jpg

種を蒔いてほっといた鉢をふと覗いたら
小さな芽がたくさん出ていました。
やった!オキナグサの発芽成功!と思ってよくよく見てみたら
丸っこいのと細長いの、2種類あることに気がつきました。
果たして、オキナグサの芽はどちらなのでしょう?
大きくなるのが楽しみです。
最近夜の8時頃まで明るくて
そのせいか夕食をとるのが遅くなって
その結果、気が付けばあっという間に眠る時間になってしまうのです。
やりたいことがたくさんあるのに
形にできないまま1日が終わってしまうのがくやしい。
やりかけのものが少なくとも・・・6つ。
今日中にひとつだけでもやり遂げて眠りたい。
と、思うのです。
66142.jpg

今日はおばの家で
お茶のお稽古。

66143.jpg

66144.jpg

花盛りの庭を見て
写真を撮らずに帰れるわけがありません。
2006.06.14 今朝の田んぼ
66141.jpg

気持ちのよい風が吹いていました。
6614.jpg

我が家の裏の畑にたくさん。
初めて見たときには
大きくてきれいなネギボウズだと思った。
『タイヨウのうた』
この映画をどうしても観なくてはいけない理由が私にはあって、
Yahoo! JAPANでオンライン試写会に申し込みました。
これは必然だから当たると思っていたけど・・・
10日と11日のみの配信だったので
10日の夜にひっそりと観ました。

以下のstoryは、Yahoo! JAPANより~

歌うことが大好きな雨音 薫(YUI)は、16才。
太陽の光にあたれないXP(色素性乾皮症)という病気を抱えているが、
父親の謙(岸谷五朗)と母親の由紀(麻木久仁子)、
親友の松前美咲(通山愛里)のあたたかい愛に支えられ、
毎日を明るく生きていた。
歌・家族・親友、これが彼女のすべてだった。
しかし、薫はサーフボードを抱えた少年・藤代孝治(塚本高史)に恋をしてしまう……。

青春恋愛映画です。
ちいさな画面を観ながら泣きました。
公式HP『タイヨウのうた』のAbout the movieの中のStoryの中の、
さらに一番下の行にある『XP(色素性乾皮症)について』を読んでから
この映画を観に行ってくださるといいなと思います。

「生きて、生きて、生きまくるんだから!」
雨音 薫のように声には出さなくても
生きまくっている彼らのことを
少しでも知ってほしいと思うのです。

・・・とても個人的なことを書いてしまったので
さらりと映画を楽しみたい方には重くてごめんなさい。

YUIさんの透明感のあるたたずまい、声、歌・・・
彼女が主演で本当によかった。
純粋に映画として楽しめるのは
彼女のさりげない演技、そして歌の力が大きいと思います。
あの、歌う姿に胸がぎゅっとなるのです。

ここ山陰地区ではMOVIX日吉津で6月17日から上映されます。
もちろん私もスクリーンで観ますよ!
6613.jpg

去年の今頃から名前も知らずに育てていました。
でもその株は寒さでお亡くなりになり
写真の株は生き残った子どもが大きくなったものです。
びっしりと子どもがついた姿を
おばあさんに見せてあげたかった・・・
また株を増やすのが楽しみです。

何年も大事に育てるとピンクの花がつくそうで
今度の冬はなんとか守り通したいと思っています。