上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.04.30 出産祝い
gift.jpg

お友だちに女の子の赤ちゃんがうまれました。
お祝いになにか作ってあげたいなと思い
本やら布やらを購入。
何を作るかはまだヒ・ミ・ツです。

あぁ、いいなぁ。
かわいいだろうなぁ。
素敵につくれるといいなぁ。
スポンサーサイト
2006.04.30 きゅうり草!
kyu_ri.jpg

昨日、裏山で犬の散歩をさせていた時に見つけました。
去年、米子に行く途中の道ばたに咲いていて
「うわぁ!ちっちゃい忘れな草!」と感動したくらいですから
名前なんて知りませんでした。

”野草・忘れな草”でググったら・・・
まさか『きゅうり草』という名前とは。

今朝、父がトラクターでガガガと畑を耕していたので
「あ、あのミニ忘れな草があぶない!」と
あわててかけより、写真一枚一株採取。
写真ではとても大きな花に見えますが、
実は2、3㎜ほどの小さな花なのです。
本物の忘れな草はこちら

wasure.jpg

みればみるほど似ているのです。
この写真は一週間ほど前のもの
我が家は今、忘れな草が満開!
2006.04.29 イナバウアー
ina.jpg

すみません。。。
inu.jpg

オオイヌノフグリ

どこでも見つけられる花なので
ヨーロッパ原産の帰化植物だと知ってびっくり。

小さな小さな花なので
ググッとよって撮りたいのだけれど
標準レンズ搭載のD70sでは難しくて
この写真はサイバーショットF88で撮影。
このカメラのよいところは
レンズ前1cmのスーパーマクロが使えるところ。
そしてなによりレンズがクルクルまわるところ!
このレンズのおかげで
這いつくばらなくても撮れるし
かなり無理な角度でもレンズを動かして撮影可能なのです。


・・・なら使いわければいいじゃん!
hakama.jpg

山の斜面にポツリポツリと咲いていました。
ハッとさせられる魅力がある花です。
美人系。

ゆり科ですから。
3.jpg

数年前に初めてこの姿を見たときには
正直、ゾクッとしました。
なぜだかわからないのですが
天狗の持ち物のような気がするのです。

天狗って・・・何を持っていましたっけ?
2006.04.29 モミジイチゴ
kiitigo.jpg

ガサガサ歩いていると
トゲトゲの枝に白い花。
これは、モミジイチゴです。
6月頃に黄色くてツブツブの甘酸っぱい実がなるのが楽しみです。
ゆびわにしたいくらいキラキラでかわいいのです。


擬態語多用
失礼しました
mitumata.jpg

ほとんど色なしの
ミツマタの花。

我が家の山の一角に
ちょっとしたミツマタ林があって
早春訪れてみると
黄色くて
まあるい花が
ポン、ポンとかわいく咲いているのが見られるのですが
今年はあまりの寒さにそちらに足が向きませんでした。

後悔。

では、一年後に・・・
2006.04.28 かくれんぼ
「も~い~かい?」

「ま~だだよ!」

「も~い~かい?」

「も~い~よ!」

ふりかえると・・・
take2.jpg


... 続きを読む
ariake.jpg

アスファルトとコンクリートにはさまれながらも
たくましく、美しく、咲いていました。
hime2.jpg

かなり盛大なダンスパーティーの模様
2006.04.27 オキナグサ
okina2.jpg

花が下向きに咲くので
このように撮るとあまり美しくないのが残念。

okina1.jpg

オキナグサがオキナグサである理由は
もう少しあとになってからわかります
2.jpg

この写真、実は一週間前に撮ったものなのですが
名前がわからなくて保留にしていたのです。
山野草の本に載っていなくて、
「旬を見つける山菜・木の実」という本でよく似た写真をみつけたので
これかなぁ・・・と。

でも、分布:北海道~本州(中部地方以北)となっているので
別のものかもしれません。
誰か教えてください。
yamato2.jpg

おばの家に行ったら
こんな一品が出てきました。
昨日、尾道にある戦艦大和の原寸大レプリカを見に行ったそうです。
おじのおとうさんが戦艦大和に乗っていらしたそうで・・・

yamato1.jpg

裏には乾パンにまつわるお話。
横には戦艦大和の絵が入っていました。

yamato3.jpg

黒いのはゴマ。
香ばしくってなかなかおいしかったです。
2006.04.26 謎の植物
1.jpg


一週間前に撮影したものです。
歯ブラシのようなものがおそらく花だと思うのですが・・・
これはあちこちに生えていたので
めずらしいものではないと思います。
でも、名前が知りたいのです。
2006.04.25 春蘭
syunran.jpg

春蘭(シュンラン)は庭の松の木の下に
毎年顔を出します。
年々増えているような・・・
2006.04.25 すみれ
sumire.jpg

裏の山にはすみれの群生があっちにもこっちにも・・・
2006.04.24 田おこし
taokoshi.jpg

今日も1日、よい天気でした。
でも、黄砂がすごかった!
青い空は黄色くて、
山はかすんで
ノドもかさかさする感じ。
今年は、黄砂の回数が多い気がします。

さて、仁多米話。
父が仕事から帰ってきてから田おこしをはじめました。
私の部屋の窓から見える景色です。

taokoshi2.jpg

田んぼストライプ
book1.jpg

まるで双子に見えますが・・・

book2.jpg

中身はダイアリーとメモ入れなのです。
ダイアリーは毎年業者さんからいただくものなのですが
使いやすいので愛用しています。
メモ入れは、農家の雑誌「家の光」に昔載っていたものをアレンジしました。
ジャバラ状のものは使用済みの封筒なんですよ!
私、よく新聞や雑誌で「!」と思ったものを切り抜くのですが
いつのまにかどこかにいってしまうので重宝しそうです。

book.jpg

よく見ると、封筒になにやら印刷されているのがわかります。
貼り合わせてしまってから気づきました。
これも愛嬌?
2006.04.23 ワサビの花
wasabi.jpg

あんなに刺激的なのに
花は純真無垢な佇まい
2006.04.23 初タケノコ
takenoko.jpg

家の裏の竹山から父がタケノコを掘ってきました。
ご覧のように小さい小さい。
でも、これくらい小さいのがおいしいのです。
我が家で採れたのは今年初めてで
どうやって食べようか協議した結果
「皮のまま焼いて食べよう!」ということになりました。

香ばしくて
ジューシーでおいしかったです!
新鮮なタケノコ万歳!!!
2006.04.22 苔玉作り
今日は前からたくらんでいた苔玉を作りました。
というのも、先週の日曜日、石にはりついた立派なハイゴケを
”ペリッ”とはがして持ち帰っていたからです。
今までも何個か自己流で作ったことがあるのですが
今回はちゃんとケト土や赤玉土を買ってきました!

植えた植物は・・・

kokedama1.jpg

庭で芽がでていたものをひろってきました!
11種類、14コ!!!
専門家の人が見たらあきれられるに違いないものも植えています。
ワイルドストロベリーとか
忘れな草とか・・・

無事に花が咲きますように
実がなりますように・・・


kokedama2.jpg


大きさはこれくらい。
苔玉って癒されます。
2006.04.21 雪山と桜
20060421172720.jpg

今朝は船通山に雪が降ったので、職場の満開の桜とともに…

今、あちらこちらに水仙が花盛り。
我が家の周りにもたくさん水仙が咲いています。

suisen5.jpg

suisen4.jpg

suisen3.jpg

suisen2.jpg

suisen1.jpg

我が家ではこの5種類を確認。
田んぼのケタや庭の片隅に毎年勝手に出てきます。
じっくり見てみるとずいぶん違います。
きっと正式な名前がそれぞれにあるんだろうな・・・


*自分が覚えておきたい豆知識*

学名は英名「ナルシサス」
ギリシャ神話の美少年の名前で、
泉に映った自分の姿に恋をして毎日見つめ続けたら
いつのまにか1本の花になってしまった・・・
”ナルシスト”の名はここからきていて
イギリスの国花の一つということ。

東洋の花のイメージがあったので
イギリスの国花とは意外!

2006.04.20 みどり!!!
midori1.jpg

ついに
みどりの草原(?)が出現しました。

midori2.jpg

ビニールハウスの中に。

同じビニールハウスの中でも
暖かさや日当たりに違いがあって
成長にムラがあるのが分かります。
これは並べ替えた後。
中央の暖かいところに成長が悪いものを移動させました。
yokota2.jpg

この桜は、稲田姫神社のもの。
まだつぼみがついています。

yokota1.jpg

そしてこちらは、横田中学校下の桜並木のもの。
満開です。

せっかく暖かくなったのに、
また天気がくずれるようです。
桜がきれいに見られるのは今日が最後かもしれません。
banana.jpg

雲南市木次町のチェリバホールで
島根出身の映画監督、錦織良成監督の作品
「ミラクルバナナ」の上映があり、行ってきました。
これから観に行かれる方も多いと思うので
内容については語りませんが、
ぜひ、劇場に足を運んでみてください!!!
1人ひとり、なにかしら考えさせられることがある映画だと思うのです。
私を含めて、
今の日本人が忘れてしまっていることや
気づかなかったことが
たくさんたくさんあるのです。

エンディングに流れる楽曲にもグッときました。
角松敏生さんと千秋さんのデュエットなのですが
千秋さんの歌声がこんなに素敵だなんて思いませんでした。
「ノンタンといっしょ」や「ポケビ」のイメージ(古い?)は
みじんもありません。おすすめです。


木次からの帰り道、車の前を茶色い野うさぎが横切りました。
イタチやタヌキはよく通りますが
うさぎは今回で2回目です。

うさぎつながりで・・・
pan.jpg

チェリバの駐車場で映画塾のWさんにいただいたパンです。
帰りにあまりにおなかがすいていたので、1口かじったのですが
運転しながらいただくのは失礼だなと思い直し、持って帰りました。
耳の部分がジャムで、顔の中にはクリームが入っていました。
おいしかったです。
ごちそうさまでした
職場で
「昨日ツクシのきんぴらしたらおいしかったよ~!」
という話を聞いたのです。
「200本もあれば3人十分食べられるよ~!」
と言われ、その気になって家に帰りました。
予定していたことが流れてしまったので
これは今日作らなくては!と
採ってきました。200本。
200.jpg

土筆ヶ原と言っていいほどそこらじゅうにツクシはあるので
♪ふん、ふ、ふ~ん♪と歌っているうちに採れました。

さぁ~て、ハカマを取って下茹でしよう!と
鍋にお湯を沸かしかけていざハカマ取りスタート!

♪ふん、ふ、ふ~ん♪

・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・・・

あの、お湯沸いたんですけど
ハカマまだ半分も取れてない・・・

ひとまず火を止め頭の中で計算しながらハカマとり。
一本のツクシにハカマが平均3つ。
ひとつはずすのに手袋してるから5秒近くかかっている。
・・・ということは
3×5×200=3000
3000秒って・・・50分?!え~っ!!!

結局、ほんとに一時間弱かかりました。。。
沸騰したお湯に重曹を少しいれてツクシ200本を投入の図。
nabe.jpg

茹であがってからぎゅっとしぼってみたものの
量、多いじゃ~ん!
ということで、きんぴらと卵とじにしていただきました。
父には
「なんで草を食べるんだ・・・」
と初めはブツブツ言われましたが
全くクセもなく美味でした。
出来上がり写真がないのが残念ですが
なんだか疲れ果てて撮るのを忘れてしまったのです。

教訓:ハカマをあなどるなかれ


2006.04.16 今年初。
4.jpg

4つ葉出現の季節到来。
me3.jpg


むしって食べたらやわらかで、おいしそうです。
緑色になるのはいつなのでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。